ナールスピュア+ ナールスゲン 副作用

ナールスピュア+のナールスゲンに副作用はあるの?

 

ナールスピュア+のナールスゲンに副作用はあるの?

 

ナールスピュア+は、主成分であるナールスゲンという成分により、お肌本来の力をサポートすることでエイジングケア効果が期待されています。

 

とても効果的な成分のようですが、あまり効果が高すぎると、その分副作用も少しはあるのかな…とちょっと心配になりますよね。

 

高い浸透力があるかわりに、お肌に負担がかかるのでは…と思っている方もいるかもしれません。

 

大事なお肌を美しく保つために使った化粧水が、逆に悪い影響を及ぼしてしまったら大変です。

 

ナールスピュア+の主成分ナールスゲンに副作用はあるのでしょうか。

 

あるとしたらどのようなものなのでしょうか。

 

見ていきたいと思います。

 

 

ナールスゲンの副作用は?

 

ナールスゲンの副作用は?

 

結果から申し上げると、ナールスゲンに副作用はないです。

 

ナールスピュア+の開発は、「毒性が出たら、プロジェクトをやめる!」という考えのもと進められたそうです。

 

ナールスピュア+の開発者である株式会社ディープインパクトのスタッフの方々は製薬会社経験者が多かったこともあり、とにかく安全を一番重視した商品作りに励んでいたそうです。

 

副作用がないことを第一に考えて作られたということで、副作用の心配はないと考えて間違いないですね。

 

 

安全性に関するテストをクリアしている

 

ナールスゲンの安全性

 

それではナールスゲンはなぜ副作用がないと言えるのでしょうか。

 

ますは、日本化粧品工業連合が制定しているガイドラインをクリアしています。

 

日本化粧品工業連合は、直接肌に触れる化粧品には安全性がなにより優先されるべきとして、高い企業理念のもと、厳しい安全保障体制を構築しながら、世界に誇る高い品質の化粧品を市場に提供しています。

 

ナールスゲンは、この日本化粧品工業連合が定める「化粧品の安全性評価に関する指針」に基づく9項目をしっかりとクリアしています。毒性や刺激性、副作用は認められないとされました。

 

また、以下のようなヒトモニター実験を実施することで、実際人間に悪い影響が生じないかを徹底的に調査しました。

 

その結果、肌荒れや健康トラブルなどの副作用は起きないことが実証されています。

 

  • ヒト繊維芽細胞および肝星細胞による毒性試験
  • ヒトモニター試験(3カ月)における肌荒れ、刺激性、不快な症状のアンケート調査
  • ヒトパッチテスト(閉塞性試験)による刺激性確認試験
  • 肝星細胞へのナールスゲンの影響

 

日本化粧品工業連合によるガイドラインのクリア、徹底的に調査されたモニター実験のクリアを経て完成した成分ということで、副作用の心配はないと言えますね。

 

 

フェノキシタエタノールの影響

 

フェノキシタエタノールの影響

 

しかし、極めて小量ですが、フェノキシタエタノールが含まれています。

 

この成分は、アルコール成分の一種で、玉露の揮発成分で自然界の成分であることから、多くの化粧品の酸化を防ぐために配合されています。

 

副作用とまでは言えませんが、お肌が弱い方の場合には、この成分に刺激感がある場合があるそうです。

 

ナールスピュアの口コミを見ている限りでは、刺激感があったという感想はありませんでしたが、万が一刺激を感じた場合には使用を控えたほうが良いでしょう。

 

 

以上、ナールスピュア+の主成分ナールスゲンの安全性についてご紹介してきました。

 

もしかしたら、新しい成分ということもあり安全面で不安に感じている方がいるかもしれませんが、その心配はないことがわかりました。

 

副作用がないことが一番大切という考えのもと作られた、安全性の非常に高い成分なのです。

↓史上最高の美肌へ 30%OFFはこちら↓

ナールスピュアボタン