ナールスピュア+ ナールスゲン 日経

ナールスピュア+のナールスゲン日経に掲載

 

ナールスピュア+のナールスゲン日経に掲載

 

ナールスピュア+は、科学的根拠に基づいて、エイジングケアのために開発された商品です。

 

その主成分であるナールスゲンは、京都大学を大阪市立大学の研究室から誕生した全く新しいタイプの成分です。

 

色々な情報を調べる中で、ある情報を見つけました。

 

ナールスゲンが、日経新聞の中で取り上げられていたのです。

 

日経新聞が認めた成分ということは、かなり信頼性がある成分と言えます。

 

どのような掲載内容だったのかご紹介したいと思います。

 

 

日経新聞「皮膚細胞を活性化させる」

 

ナールスピュア+の評判

 

2014年7月25日付の日経新聞に「コラーゲン生成促す化粧水―京都大学」という特集記事が掲載されました。

 

ナールスゲンという成分を紹介するとともに、ナールスゲン配合の化粧水の紹介されていました。

 

この商品は、ナールスピュアとは違う商品でした。

 

 

皮膚細胞を活性化させてコラーゲンを作り出す

 

肌にハリを与える効果で女性に人気の美容成分コラーゲン。

 

このコラーゲンを含む成分を皮膚に塗るタイプの化粧品が一般的ですが、京都大学学研研究所の平竹潤教授らのグループが開発した化粧品には、皮膚細胞を活性化させてコラーゲンを作り出す「ナールスゲン」を含んでいます。

 

まず、このような内容が掲載されていました。コラーゲンを含む成分ではなく、コラーゲンを作り出す成分が含まれている化粧品いうことは、とても新しいことなのですね。

 

 

ナールスゲン誕生秘話

 

ナールスゲンは平竹教授らが生成に成功したアミノ酸の一種です。酵素研究を続ける中で、このナールスゲンを皮膚細胞に投与すると、コラーゲンが3倍以上に増えるという予想外のデータを得たのです。

 

これは化粧品に応用できるのではないかと、商品化に向けた副作用や毒性の確認を始めたのです。

 

3年がかりのマウス実験やモニター試験を通じて安全性を証明、商品化が実現したのです。

 

次にこのような内容が掲載されていました。

 

化粧品のための研究とは別の研究の中で偶然生まれた成分ということも驚きですが、もっと驚くことが、3年もの時間をかけて安全性を証明したということです。

 

さすが大学の研究ですね。ナールスピュア+は非常に安全な化粧水ということも納得です。

 

 

日経新聞が認めた新しい成分

 

日経新聞が認めた新しい成分

 

ネットニュースが溢れる今の時代の中でも、決して廃れることなく、確かで優れた情報を発信し続けている日経新聞。

 

この権威ある新聞で取り上げられたということは、ナールスゲンは非常に信頼性が高い成分であると言えますね。

 

コラーゲンを与えるのではなく、作り出すという新しい成分として注目されたようです。

 

エイジングケアのための研究の中で誕生したのではなく、他の研究の中で偶然生まれたということも興味深いですね。

 

 

以上、ナールスゲンが日経新聞で取り上げられたという情報をご紹介しました。

 

日経新聞にも掲載されるほどの優れた成分であることがわかりました。

 

今はまだそれほど知名度の高い成分ではないようですが、これからもっと多くの方に注目されることになりそうですね。

 

その効果をいち早く試してみたいものです。

↓史上最高の美肌へ 30%OFFはこちら↓

ナールスピュアボタン